子育て

福岡でお子さんを預ける施設を選ぶには

一口にお子さんを預けると言っても、お母さんが外に働きに出られるように日常的にお子さんを預かっていてほしい場合もあれば、普段は専業主婦として子育てに専念しているから預かってもらう必要はないけれど、冠婚葬祭の際やちょっとした息抜きの際などにだけ一時的にお子さんを預かっていてほしい場合もあります。
そして、そのどちらであるかによって、預ける施設は変わってきます。
ですから、福岡でお子さんを預ける施設を選ぶ際にはまず、お子さんを日常的に預けたいのか、一時的に預けたいのか、ご自身の希望をはっきりさせることが大切です。
日常的にお子さんを預けたい場合に利用できる施設やサービスとしては、認可保育所や認定こども園、幼稚園、認可外保育施設などが一般的でしょう。
保育サービスを受ける必要がある場合には、認可保育所・認定こども園・認可外保育施設を利用し、幼稚園的なサービスを受けたい場合には、幼稚園か認定こども園を利用することを考えるといいです。
また、上記以外にも、小規模保育事業や家庭的保育室といった、賃貸住宅の一室などを借りてサービスを提供する施設もあります。
これらの施設は規模が小さい分お子さん1人1人に保育士さんの目が届きやすいのが特徴です。
お子さんをきめ細やかにお世話してくれる施設に預けたい親御さんは、利用を検討してみるといいでしょう。
一時的にお子さんを預けたい場合には、一時預かり事業や休日保育事業、病児・病後児デイケア事業などの事業を行っている施設を利用できます。
また、ファミリー・サポート・センターという組織では、会員の自宅でお子さんを預かってもらうことができるサービスを提供していますので、こちらの利用も検討してみてください。
それから、お子さんを預ける施設を選ぶ上では、預かってもらっている間、お子さんが安全・快適に楽しく過ごせるかどうかも重要なポイントとなります。
利用し始めてから後悔することがないように、そこで預かられているお子さん達がリラックスできているか、施設は不潔ではないか、施設スタッフは優しくて技術が高そうかなどを、事前見学の際にしっかりチェックしておくようにしましょう。

 

福岡でお子さんを預ける施設を選ぶには” に1件のコメントがあります

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です